用語管理

一貫性ある正確な翻訳に必須の要素

用語管理、それは翻訳作業に不可欠な要素です。当社は、スキルとソフトウェアの両面において万全の体制を敷いています。専門的な文書の翻訳も安心してお任せください。

専門用語への対応は翻訳原文の準備段階から始まっています。翻訳に着手する前に、新規の用語をあらかじめ精査し、疑問が生じるものがないか、あるいは特別の対応が必要となるものがないかどうかを確認します。専門用語や特殊な表現は、翻訳作業中に収集され、疑問が生じた場合には解決案が翻訳者に提示されます。さらに編集および校正作業の段階に進むと、用語の一貫性と用法の的確さについての検証が行われます。これこそが翻訳業務において最も重要な作業であり、当社が専門用語をデータベース化し、品質保証ソフトウェアを導入しているのは、まさにこのためなのです。

専門用語のデータベースは、クライアントごと、プロジェクトごと、ドキュメントごとに編集された辞書のようなものです。継続的にご用命いただいているお客様のベータベースには、数千を超える用語が登録されている場合もあります。翻訳者は作業中にこれらのデータベースを随時参照することができます。ソフトウェアが登録済みの用語を選び出し、その訳語を自動的に提示するため、検索する必要さえありません。翻訳に迷う用語がある場合でも、提示された訳語の中から最も適切なものを選ぶことができるのです。

当社の翻訳メモリーには、お客様の文書の中から類似するものがすべて登録されています。常にチェックとメンテナンスを行い、最新の更新内容を反映した用語が導き出されるようにしています。

目的に合ったソフトウェアを用いることで、用語の一貫性が保たれると同時に、変更の必要が生じた場合にも一括変換が可能になります。古いテキストを改訂したり、所望のバージョンに統一したい場合にも、この機能を活用することができます。


専門家による高い品質の翻訳を提供するためには、専門用語についての知識や用語管理ソフトウェアの活用が欠かせません。それらは翻訳業務全般に不可欠であるだけでなく、品質チェック作業においても重要な位置を占めています。